羽生病院の移転について

本日午後、羽生病院の小野元市議から、来訪し話がしたい旨の電話があり、早速お越しいただきました。

小野さんとは、年齢が同じで市議会、初当選が同期でした。会派も一緒でした、そんな訳で今も、時々会って(夜、一緒に飲んだり)お話ししたりしてます。

わざわざ電話してから来るって、羽生病院の移転の話だなぁって思いましたが、やっぱりそうでした。

小野さんも議会や市長さんの雰囲気、考えなど聞きたかったらしく、1時間半くらい、いろいろお話しました。

羽生病院側の動きは、このブログにも書いてきましたが、下川崎地区の産業団地内、イオンモール羽生西側駐車場に新病院を建設したいとのこと。ですが、その用地、はっきり言って「建設できない」土地です。

仮に市が羽生病院と共同で陳情したとしてもイオンが同意する、とは考えられず、正直、この問題は、病院側が考え方を変えないと前に進まないと私は思っています。

羽生病院は、10月末に向けて、大々的な署名活動を展開する予定、とのことですが、問題の解決に結びつくのかどうか。新病院建設、協力するのにやぶさかではありませんが、当該用地が適当であるとは思いません。

市が協力できる要件を含む妥協策、なんとかならないでしょうか。
例えば、市が推奨している用地の地権者との交渉を病院に代わって「市(企業立地推進課とか)」が行うとか、現在の立地している用地、同じ場所の建替えなら、用地(市有地)を無償譲渡、区画整理地内だから、道路計画、100%病院の意向に沿って見直す、とか、市も前向きに協力できる方策もあると思います。

二人とも、最後にはため息つくような、とくに結論らしいものも出ませんけど、病院内のお立場とか、小野さんも大変だなぁ、と思いました。市長さんのゼロ回答もしょうがないところありますけど、新病院建設支援の中身など、親身になって粘り強く、話し合ってほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

一患者
2011年10月22日 01:37
どうやら羽生市は羽生総合病院の存続を本気で願っていないようである。現在地への建て替えは事実上不可能ではなかろうか。建て替え中の通院患者、入院患者をうまくさばく方法を誰か思いついたのであろうか。どこでも良い。二~三年以内に新しい病院として機能してくれるならどこでも良い。
通りすがり
2012年03月27日 12:29
移転出来なければ廃院も視野に入れているようなので、いっそそのようにしていただいたらいかがだろうか。そして市立病院を建設する。市の財政的に可能で、かつ、医師の確保が可能であるならば、羽生市にとってはそれが一番いいのではないかと感じる。あんなデタラメな主張に署名という形で地域住民を巻き込み、民主的正当性があるかのような外形だけ取り繕って的外れな圧力をかけている様を目の当たりにすると、呆れるどころか怒りさえ感じてしまう。

この記事へのトラックバック