永沼挺身隊、仙台藩の話

日ロ戦闘時、後方連絡線遮断をGPSとかない時代、騎兵単独で相当な 戦果を挙げた、永沼挺身隊。ネットでググれば、仙台藩出身って、分かります。 仁さんが、福島県赴任の折、まだ正吉、生きてたが、なかなか、いろんな話、ありがとね。 正吉いわく、内務班(旧陸軍の新兵研修か)時に、永沼挺身隊の身内か?とか、本人曰く、遠い親戚と嘘ついとけば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧12チャン、お宝鑑定団に

吉田茂の書簡、申し込んでみようかな、と。 採用どうのでなく、書簡の内容、現代政治史とか、まじめに頑張ってる歴史家に 史料として、昭和の外交史に、公開することで資することができるのでは、と。 素人ですが、自由主義者と、あれですが、 政治家って、なかなか枯れない、そんな文書。 別に、売却することはない、あの母とかに言えるか、書面の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガルパン、おじさんをなぜ引きつけるのか。

大洗、町づくりで、当たり前な、普通のアニメ番組等と子供向けなんですけど、 「ガルパン」いい作品でした。 ネットで無料視聴したのですが、9ちゃん深夜再放送とのことで、レコーダー買いましたw 放送後の、劇場版では、父の乗っていた、97式も活躍?していました。 子ども頃、プラモ、田宮が、ほかにも長谷川とか、ありましたが 旧帝国陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦災を受けなった町

先の大戦で、米軍の空襲目的は、当たり前ですが、日本の継戦能力の削減。 欧州、対独戦では、B17が、特にベアリング工場とか狙っていたとのこと。 細い列島線である我が国土では、縦深もない、制海権、制空権喪失したら、まぁやられっぱなし。 例えば、加賀と越中。旧国名ですが、観光地として残った金沢。柔道の野獣の出身地。(引退されたみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言論、集会の自由

ありがたい、これが保証されているのと、そうでない社会。息苦しさとか、相当違うと思う。 なんがかんだ、言いたいこと、そうできないのはよくわくけど まさか、例えば、こんなブログが、いつの間にか攻撃、閉鎖とかならないことに、まぁ感謝ですね。 中華民国設立式典での軍事パレードで、旧日本軍の鹵獲した97式が、きれいな軍列してました。 旧ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウシヨウチョウと米国の対中国経済

中国は、経済対象として、魅力のある 市場でした。 それは、その人口と、通貨返還力。ストック的には、江戸幕府より、大きかった、と思います。 日清戦争のあと、三国干渉ってありましたが、ハルノートのとき、なぜ、同じことができなかったのかなぁって。 中国は、一党独裁。軍は、党の軍。 米国は、日本に対したように、でも日本は軍事的な覇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕末、社会経済、構造の改変。

良い悪いは、なんですが、おいときます。ダイトウワ戦争終戦と戊辰戦争終戦って、似てませんか。 ただ、枠組みが違うってだけで。 戊辰により、廃藩置県、廃刀令。 もうすこし伝えたいこともあったのですが、このへんでやめます。 なんか、かなり、めずらしくキョウにのってwそれでは、このへんで。表題、w
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロン計画の失陥と覇権を失った日本

いきなり、昭和、自分が大学生の頃の話。 父が、どれだか、理解していたか、疑問なんだけど、 「わかった、でも、覇権失った以上は」って、MSドスなんか、アップルが圧倒的な時代だったです。 ドスシェルとか、結構面白かった、今どきの若い人に言ってもでしょう。 今、アメリカ喧嘩売ってる(中国)、ウインドウズを他国(日本)には。同じこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛肉の大和煮缶詰とコーンビーフ

牛肉の大和煮缶詰、当時の兵隊さんたちのごちそうでした。 何かで読んだんだけど(朝日新聞のコラムだったか)、日露戦争当時の報道で、その缶詰、戦地で兵隊が開けたら「石」が入っていた、と。大騒ぎになったらしい、実際、そのようなことはなかったとの記事と記憶しています。 さて、缶詰の話です。缶詰・瓶詰の類の戦闘レーションは、ナポレオンが遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出しつつ、連れずれに

経営経済学専攻なので、新円切り替えとか、そっち記そうともったのですが、 思い出したこともあり、中支派遣軍の話を少しと、そうだな、最近の感想とか。 正直、大日本帝国陸軍(笑っちゃだめです、今の私たちとは違う人々)で、昭和19年以降、志願兵で前線を支えていたには、朝鮮半島の若者達なのは、間違いない、のです。なので、内鮮一体教育を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国(北朝鮮も含めた)朝鮮半島は当時どうだったのって。

戦前というか、戦中もそうだが、ナイセン一体教育が行われており、 朝鮮半島の国民も日本国民と一緒だよ、と教えられていました。 岡本小隊は、第3大隊第三中隊、第三小隊ですので、補充兵(現地応召兵と当時言ってた)は、 トラック運転できる丙種が内地(これ、正吉です)、その他は朝鮮半島出身の志願兵。なんか残念な正吉より、 やる気満々、ガタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新円切り替え前

そうだな、これも言っておくべきかな 伊東の爺さん、戦時当時は、今の自分たちと年齢的にはそうは変わらない。 長男「かなり期待度大」。次男「まさか丙種もかよ」、男手、軍にとられ、残りは、女手。 その女手が、長女、戦時下のご実家を救ってくださった、んですって。 それは、あのくそ爺を言わしめ「みちが男だったら」、おばさん連中も言ってまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学生はほんと人生志幸のとき

ぎりぎり、世間の大学生と同大学生時代を送れたことで、なんとか社会人を送れてることに感謝します。 当時の中国「中華人民共和国」。今では昔ばなしですが、兌換紙幣とレンミンベイの二重通貨制度、しかも、大学では、ロートルの共産主義者がとか、あれか、しきっててこの辺で今晩はお開き。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部式よりコルト

仁さん、少し話が戻ります。母の実家、ドイツでいうところの「ユンカース」 おじいさん、おじいさんの男兄弟、あんたは覚えていないかもね。 5歳ころかな、母の実家の庭で剣道かよ、おじいさまの弟とやらされた記憶があります。もちろん戦後です。 全部、早稲田大学の剣道部OB。当時は強かったらしいよ、調べてみれば。 正吉とか、丙種が動員される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殿軍って、

高級将校を失った師団。国民党軍の 捕虜収容所にて、国民党軍が大陸にて主導権を失う。 国民党軍は、台湾に敗走。その撤退戦の殿「しんがり」が高級将校を失った「正吉」さんたち。 某国民的「後日」小隊長もいないなか、日本軍のまぁいいとこなのか、少なくとも国民党軍の敗残よりは、 「ちなみに、昭和も21年です」日章旗をかかげ、97式中戦車改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕虜として、だから

高級将校は、裁判なしで銃殺。尉官、下士官(軍曹など)兵(まさよし)衝撃。さらに。志願兵だった朝鮮兵は、「三国人」とのことで、収容所からさっさと、撤収。残った旧日本軍は、更に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当時の補充兵

今となっては、全然、別の話。 当時の半島、志願兵を募集してました。(国内は丙種も徴兵) 父曰く、朝鮮兵は、補充兵で、ガタイもでかく(志願兵だし)、自分よりやる気満々で、すごかった、と言ってました。 だが、トラック、97式とか運転はできないので、随伴歩兵、でも戦闘始まると(対戦車兵)、新兵でもすごかった、と言っていました。他好か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本太郎小隊伝聞

中支派遣軍、「けんせいしだん」変換しない、ではなく、新たに編成した師団で、三国志でいうところの赤壁、長江を西進、重慶を攻略すべし、悪くない作戦、どんどん進んでたらしい。NHKとか報道の大陸打通軍とは全然別。子供の、まさよしの飲んでの断片的発言ですけど。 岡本さんの記念会でまさよしとか、母が、「太郎」の奥様と交流会していたのは、間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more